7年に一度の御開帳 地域で見守る観音菩薩

2017.04.05

東浦町

エリアニュース

87回再生

観音菩薩 7年に一度の御開帳

東浦町生路にある観音寺で、ご本尊「聖観世音菩薩」が7年ぶりに一般公開されています。3月19日から行われていて、4月1日、地域の人が集まって法要が行われました。この観音菩薩は奈良時代に作られたものとされ、生路の村人によって大切に保存されてきました。